株式会社トリニティー採用サイト

2017年中途入社

今井純平Junpei Imai

本社営業部主任

本社営業部の中核をなす主任として、後輩の指導にも力を入れている

営業職はほぼ未経験、しかも別業界からの転職

ートリニティーに入社を決めたきっかけと現在の思いを教えてください。

前職は全く別業界でした。営業職への異動願いもなかなか通らず、ほぼ営業未経験のままトリニティーに転職しました。 営業職に就きたくても就けないという思い通りにいかない時期を過ごし、 転職先を営業職に絞って探した時に、トリニティーに出会いました。 トリニティーの営業職は、社員一人ひとりの裁量が大きく、自分なりにあれこれ工夫をして経験を積むことができるからこそ、 営業の本当の楽しさややりがいが見えてきたように思います。

受注から施工、メンテナンスまで一担当制。営業の醍醐味が味わえる

ートリニティーの営業だからこそ得られる醍醐味を教えてください。

営業の仕事は、お問い合わせのあったお客様にご連絡を差し上げるところから始まります。 最初のアポイントから工事当日の立ち合い、そして、工事後の消耗品交換や機器の不具合に対しても 私たち営業担当がメンテナンス部と共に責任をもって対応します。 長期間に亘るお付き合いを、一貫して一人の営業が担当するシステムは、お客様への安心感をご提供できると同時に 私たち営業担当の成長ややりがい、成長実感が得られる環境であるとも思っています。

営業部からの声が、新商品の開発のきっかけになることも

ー営業部が新商品の開発に携わることもあると聞きましたが?

営業部員は日々、現場でお客様とコミュニケーションを取っています。 お客様のニーズに合った「こんな商品があったらいいな」というアイデアも 形にできるのは、弊社がメーカーでもある強みです。 個人のお客様、企業の担当者様、お困りごとの種類も規模も様々ですが、 その中で、トリニティーとしてお客様にできることを一つでも多く増やしたいと思っています。 私たち営業部がお客様の声を開発部に届け、新たなサービスが生まれることも多くあります。

お困りごとの根本原因は何?その視点を大切にお声を聞く

ー今井さん自身が提案をする際、特に気を付けているポイントはどこですか?

多くのお客様が、防犯カメラについてあまり詳しくはご存知ありません。 知識が少ないということは、不安な点も多いはずです。 だからこそ、できるだけ不安を解消して差し上げられるように話を進めることを心掛けています。 例えば、質問に応えるだけではなく、 「なぜそのポイントが気になるのか」を推察して、根本的な解決策をご提案できるように気を付けています。 難しい話を詳しくご説明するだけでは、お客様の不安は膨らんでしまうばかりなので、 「こういうやり方をすればこんなことができる」と、 お困りごとの根本原因を解決できるようなご提案をすることが大切だと思っています。

法人のお客様、個人宅のお客様。それぞれの留意点があります

ー防犯カメラという商材の性質上、留意する点について教えてください。

法人のお客様の場合は、個人宅のお客様と比較すると特殊な技術や対策を要する難易度の高い工事が多い傾向があります。 トリニティーは他社では受けられないような難しい工事にも対応できるので、僕自身も勉強を続けながら施工業者さんと がっちり連携をとって工事を進めるところが腕の見せ所です。 個人宅のお客様では、防犯カメラを取付けるに至った背景やプライバシーに配慮した撮影範囲の設定など、 デリケートな側面がいくつかあります。

お客様の信頼に応えるために積極的に学び続ける姿勢が必要

ートリニティーへの就職を考えている方に一言お願いします。

防犯カメラの事前知識がなくても大丈夫です。僕は大丈夫でした。 現場で教えてもらえることは必死に覚え、足りない知識は先輩に質問したり次の現場で復習をし、それでも分からない事は調べて、また復習をして…と、 積極的に学んでいく姿勢が必要です。お客様に頼られて、自身が全ての段取りを担当することになるので、それは当然と言えば当然です。 続けるうちに、知識が蓄積されて、自分ができることが増えてきます。そうなると楽しくなると思いますよ。

募集要項

トリニティーでは随時中途社員・新卒社員の募集をしております。
現在はZoomでまず説明会にご参加いただき、その後オフライン面接に進んでいただきます。